0368903779 アダルトサイトr-dgr.com に誤登録してしまった時の知恵袋

0368903779 に関する最新情報を入手致しました!被害にあわない為に少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

【ワンクリック詐欺 誘導アダルトサイト 誤作動登録】

下記情報は悪質詐欺業者の情報です! 連絡は絶対にしないでください!

悪質サイト0368903779詳細情報

カテゴリー クリック型でのアダルト動画サイト
サイト名 r-dgr.com
運営会社 r-dgr.com運営事務局
サイトURL r-dgr.com
電話番号 0368903779 03-6890-3779
メールアドレス 情報提供にご協力お願いいたします
運営責任者 岸 めぐみ
公開住所 情報提供にご協力お願いいたします
メール内容

情報提供にご協力お願いいたします

その他の情報 情報提供にご協力お願いいたします
危険度 ★★★★★

業者の中には、実在する同名の会社名やサイト名、代表者名などを語ったり似せたりして、一般の人を錯覚させて支払いをさせる悪徳業者もあります。

本ブログ『サギトーーク!悪質詐欺業者の告発サイト』に掲載している業者情報は、サイトをご覧頂いた皆様に少しでも詐欺被害対策のお力になれればとの思いから作成しているサイトです。

気になる方やご不安な方は 専門機関 にご相談下さい。

メールでのご相談はこちら

詐欺被害メール相談窓口

情報提供、上記業者の口コミはこちら

サギトーーク情報提供

 

★管理人の一言注意喚起★

毎日全国から様々な情報提供を頂いておりますが、近年アダルト動画の被害は男性よりも女性の方が割合は高くなっているようです。最近は女性専用のアダルト動画等も多くなっており以前より利用者が増えていることから誤って被害に合ってしまうといった事例もあります。悪質な業者も多いので十分お気を付け下さい。

最近のアダルト業者の実態

最近のアダルト業者には大きく分けて2種類あります。一つは通常のアダルトワードを検索をしていて無料動画だと思い動画をクリックしてしまうパターン。もう一つはユーチューブやSNSから、なんの関連性もなさそうなURLをクリックしたら突然料金画面に飛んでしまうパターン。この二つが支流のようです。

ワンクリック詐欺とは

ある特定のアダルトや出会い系サイト、勝手に送られた電子メールに記載されているURLなどをクリックすると、『ご入会ありがとうございました!』等の文言やウェブページが表示され一方的に契約したことにされ、高額な料金の支払いを求められる詐欺のこと。

ただし、ワンクリ詐欺業者は警察などの摘発により昨今ほぼ壊滅的状態となっている。

誘導アダルトサイトとは

誘導アダルトサイトとは無料動画サイトから有料に引き込むタイプ(一種のフィッシング詐欺)のサイトでワンクリ詐欺は違い手順を踏ませて登録、請求させるサイトのこと。

無料だと思い込ませ複数回クリックをさせ、20歳以上の年齢認証・利用規約・契約内容の明記などとサイト閲覧者も注意が必要で巧妙化しているサイトも多く見受けられる。

ワンクリック詐欺 誘導アダルトサイトの特徴

◆ サイトの利用規約中に「画像や入口などをクリックした時点で契約が成立したとみなす」と書かれている。
◆ 動画閲覧の前に年齢認証があり、20歳以上の確認がおこなわれている。
◆ 契約内容・利用規約が書いてあるページがわかりにくいようにしてある。
ex① 利用金額の部分がサイトの背景色と同じにしてある。
ex② 規約のページの文字が小さくなっており見難い。
◆ 振込みの期限を3日以内に指定したり、「今ならキャンペーンで一定期限内の振込みなら料金が○○割引!!」という文言で振り込みを急がせることにより、相手が冷静に物事を考えるスキを与えないようにしている。振り込め詐欺の被害者の心理を応用したものが大半である。
◆ 「電子消費者契約法に基づいた契約」や「ワンクリック詐欺ではない」などの文章を表示し、法令に準拠した正当なサイトであるかのように見せている。
◆ 料金の支払い方法は銀行振り込みとアマゾンギフトなど金券で支払う例があり、銀行振込の場合は個人名義の口座への振り込みによるものが多い。別の詐欺行為で個人に口座を作らせたり、振り込み先に使うために口座を買う業者がほとんどである。

メールでのご相談はこちら

詐欺被害メール相談窓口

最近増えている詐欺の手口

携帯電話の「個体識別番号」やGPSを使った位置情報、IPアドレス、契約しているプロバイダといったものを表示し、これにより個人情報を得ることが可能であると主張し、その情報に基づいて…
【債権回収業者に債権譲渡する】
【期限までに支払いがない場合は裁判所に提訴する】
【身辺調査をする】
【住民票や戸籍謄本を取得する】
【自宅や勤務先に内容証明郵便の送付】
【給与や財産の差し押さえ】
【未成年者の場合は親権者の 債権者名義 を取得する】
【個人信用情報機関のブラックリストに登録する】
と記載し、請求するケースが多い。

場合によっては争いがあった場合、どこで裁判を行うのかという裁判所を規約等に表示し、法的措置も辞さないなど不安を煽る文言があることが多い。

架空請求詐欺とは

架空の調査会社やサイト通信事業者などと偽って、不特定多数の者に対し架空の契約事実を口実とした料金請求文書や電話、電子メール等を送付して、金品を騙し取ること

送られる文章は過去にサイトにアクセスし未納分があるので、急いで支払いをさせる督促状のような内容が多く、送られてきた人は怖くなり支払いをしてしまうことが多い。

最近増えている詐欺

FacebookやTwitter、LINEなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)を使った詐欺被害も増えている。

最近、話題になってたものとしては…
『LINEのアカウントを乗っ取り、友だちにiTunesカードを購入させてお金を騙しとる』詐欺や
『Facebookで架空人物のアカウントを作り、不特定多数の人に友達申請をしてアダルトサイトに誘導する』詐欺
などがあった。

 bnr02_n

メールでのご相談はこちら

詐欺被害メール相談窓口

上記業者の口コミ・情報提供はこちらからお願いいたします。


詐欺被害メール相談窓口